後遺症の等級認定について

交通事故による後遺症にはそれぞれ等級によって程度が定められます。
これは同じ事故内容であっても被害者の状態などが全く違ってくるためであり、それぞれ治療などに必要な費用が異なっているからです。
今回はそんな後遺症の等級認定についてご紹介いたします。


後遺症の等級認定が決められている理由の一つとして、被害者の方それぞれの損害額などをすぐに算出する為に定めたという点が挙げられます。
現在後遺症の等級認定としては16等級142項目という非常に細かい分類分けがなされており、事故の後でもすぐに後遺障害で得られる慰謝料が計算できるようになっています。
等級認定は後遺障害を持った場所や、その後健常者として一定の労働能力を持っているかどうかなどが基準となるため、むちうちや骨折という症状であっても状態に応じて適正な等級を受ける必要があります。
仮に今の段階ではただのむちうちだと思っていても、後で首の脊髄に損傷を負っていた、なんて事が分かった場合、通院や労働能力の著しい低下など、非常に大きな損失を招きかねないと言えるでしょう。
またその場合、後だしのように症状を説明しても、適正な等級認定を得ることが困難になるほか、被害者であるのにも関わらず白い目で見られてしまうなど負い目に感じてしまう部分もあるでしょう。


そういったトラブルを防ぐためにも、事故発生時にはお医者さんのほうでくまなく診察してもらい、正しいカルテを受け取ってから請求手続きをするようにしましょう。

Copyright © 2014 後遺症の等級認定って? All Rights Reserved.